『本当にあった怖い話』行員の彼女…

銀行 お役立ち情報(銀行)

私が若い頃、大手銀行に勤めている女性とお付き合いしている事がございました。
その時、本当にあった怖い話を紹介します。

事件①:口座にお金を振り込まれる。

彼女と旅行に行った帰りに『旅行代、後で振り込んでおくね!』と言われ、
帰り道で別れ、自宅に到着。すると、『旅行代、振り込んだよ!』とLINEが。

ここで違和感を感じる人はまずいないだろう。。。

私は彼女に口座番号を教えていません。。。
当時、ちょっと不思議に思いながら、過去に教えたんだなと思い込みました。

事件②:臨時ボーナスが入った事が把握されてる。

デートの時に突然、『最近、ボーナス入ったよね?』と。
え、何で知っているの?と尋ねると、私と同じ会社に勤めている幼馴染に聞いたと。
実際、彼女の幼馴染が同じ会社にいるのは知っていたし、
面識もあったので『あー、そうか』と納得しました。いえ、正確には納得しようとしたですね。。。
この時から、正直、嫌な予感がしてました。。。

事件③:預金がバレてる。。。

彼女と一緒に家を見に行く事があり、不動産の方から話を聞いてました。

帰りに『預金〇〇もあるんだから、あれ位なら大丈夫でしょ!』と・・・

ここで確信しました。『絶対、私の口座内容を調べてる』と。。。

とうとう、彼女に尋ねました。

・何で預金額を知っているの?
・口座にお金を振り込んでもらった事があるけど、口座番号教えていないよね?
と。

彼女は悪びれる事は一切なく、『銀行で調べれば出てくるから、自分で調べたよ!』と。
私のメイン口座は彼女の勤めている銀行でした。

噂で銀行員は名前が分かれば、調べる事が出来ると聞いた事はございましたが、
まさか本当に個人的に利用する人がいるとは。。。しかも身近に。。。

もちろん、その後、彼女とは分かれ、メイン口座も変更しました。

まとめ

この記事でお伝えしたいことは

銀行員は名前が分かれば、口座内容を調べる事が出来る
お付き合いしている彼女・彼氏がメインで使用している銀行の行員の場合、口座を変更すべき
銀行のシステムを悪用する彼女・彼氏とは早々に分かれるべき

コメント

タイトルとURLをコピーしました