ホーム


2020年3月からトラリピを、2020年4月からループイフダンの運用を開始。
現在、ループイフダンの運用は停止し、その資金は全てトラリピにシフト致しました。

理由はもっと利益を追求していく為に手動トラリピにチャレンジしようと考えた為です。
そんなに頻繁に管理が発生する訳ではないですが、自動売買はトラリピ一本にまとめる事に致しました。

これから、トラリピと手動トラリピの運用実績を公開していきます。

運用戦略

チャート分析による短期売買での収益化ではなく、
中長期的に広い範囲に注文をしかけての収益化を目指す戦略を基本としています。
その為、基本的には上では売、下では買をベースとしています。

トラリピ(現在、運用中)

・豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
・ユーロ/円(EUR/JPY)
・ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
・豪ドル/円(AUD/JPY)
・豪ドル/米ドル(AUD/USD)
・NZドル/円(NZD/JPY)
・カナダドル/円CAD/JPY

手動トラリピ

以下の方針で運用をしていきます。

ステップ 通貨 仕掛ける範囲 買/売 トラップ幅 本数 決済幅 数量 預託証拠金
目安
ステップ① 豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 1.000~1.070 20pips 36 250pips 1,000 25万円
豪ドル/NZドル(AUD/NZD ) 1.070~1.140 20pips 36 250pips 1,000
ステップ② NZドル/米ドル(NZD/USD) 0.5500~0.6750 50pips 26 110pips 1,000 50万円
NZドル/米ドル(NZD/USD) 0.6800~0.8500 50pips 26 110pips 1,000
ステップ③ 豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 1.001~1.069 20pips 35 250pips 1,000 75万円
豪ドル/NZドル(AUD/NZD ) 1.071~1.139 20pips 35 250pips 1,000
ステップ④ NZドル/米ドル(NZD/USD) 0.5525~0.6725 50pips 25 110pips 1,000 100万円
NZドル/米ドル(NZD/USD) 0.6825~0.8250 50pips 25 110pips 1,000

<補足>
セントラル短資を選んだ理由
現状の価格とスワップポイント(5月02日時点)を踏まえて判断。

FX会社 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
セントラル短資 -9 8 0 0
みんなのFX -4 3 2 -3
LIGHT FX -4 3 2 -3

これからスタートする場合、豪ドル/NZドル(AUD/NZD)は売から、
NZドル/米ドル(NZD/USD)は買からになる為、総合的にセントラル短資の方が良い。

豪ドル/NZドル(AUD/NZD)とNZドル/米ドル(NZD/USD)を選んだ理由
中長期的に運用を考え際、
・スタート開始直後、マイナスのスワップにならない。
・中央の価格帯よりもある程度価格差があり、手動トラリピのメリットを活かせる
 ※手動トラリピのメリットについては、また、記事を投稿させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました